2011年08月13日

MSVCP100.dllが無いために実行できない場合

「MSVCP100.dll が見つからなかったため、このアプリケーションを開始できませんでした。」
というメッセージが表示される場合があります。

調べたところ、今回からコンパイラーとしてVC++10を使用していますが、このためのようです。
必要なDLLをインストールしていただければ、動作するようになります。

なお、DLL配布パッケージはマイクロソフト公式からダウンロードできます。
http://www.microsoft.com/downloads/ja-jp/details.aspx?FamilyID=fe558aed-9274-415f-8a0f-d9d8622fb35b&displayLang=ja

なお、DLL不要版も準備しましたので、こちらからダウンロードできます。
posted by LaPis at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ばんあろ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする